就活中のあなたへ。「新卒派遣」を有効に活用しよう


8月もそろそろ終わりに差し掛かりました。今年就職活動をしている人は6月からの選考開始時期からもう3ヶ月ほどたったということになりますね。この時期、就職活動をしていてもなかなかうまくいかない、決まらない、という悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。
今回はそんな就活生に新しい働き方「新卒派遣」を紹介したいと思います。

新卒派遣とは?

新卒で派遣会社に登録し、派遣社員として働くことをいいます。普通、就職活動といえば正社員を目指す人が大半ですので、新卒なのに派遣とは??と不思議に思われる人もいるかもしれません。
現在日本では、新卒で就職して3年以内に離職してしまう人が約3割いるといわれています。せっかくがんばって内定を勝ち取ったのに、とても残念な結果ですよね。
これは就職活動時のミスマッチが原因だと思われます。企業研究を繰り返し、自己分析で自分の適性や将来やりたいことを考えてみたとしても、社会経験が一度もなく、働いたこともない会社でずっと仕事をしていくというのはそれだけ難しいことなのでしょう。これを防ぐという意味でも、新卒派遣は大変有効な働き方といえます。

メリット

1、ビジネススキルなどの研修を受けることができる

新卒者は正社員として働いた経験が一度もない人が大半だと思います。それに対して、派遣は即戦力や経験が求められます。そこで新卒者を派遣する派遣会社はスキルを身につけられるように研修を行うのです。
これは、「社会経験がないけど社会に出て働きたい」という人にとっては大きなメリットといえます。

また、派遣会社がキャリアに関する相談やカウンセリングを行っている場合には積極的に利用してみましょう。自分が今まで気付かなかった強みや弱みに気付いたり、これから何をしたいのか、どういう分野が向いているのか、など新たな道が見つかるきっかけになるかもしれません。

2、正社員になれる可能性がある

紹介予定派遣の求人を選べば、最初は派遣として入り、その後その会社で正社員として採用される可能性があります。 紹介予定派遣とは一定期派遣社員として就業した後に双方が合意すれば正社員や契約社員などの直接雇用形態に移行することができる制度です。
新卒で正社員目指して就職活動していたけど、全滅だった。。。という場合でも紹介予定派遣を利用すれば正社員への道が開かれるのです。

また派遣会社にもよりますが、上場企業などの大手企業に派遣される可能性もあります。就職活動をしているとき自分では考えもしなかった大企業への道が開かれることもあるのです。

3、自分に合った仕事をじっくりと見つけられる

新卒で就職しても約3割の人が早い時期に離職してしまうとお話しました。これは自分が考えていた仕事内容、社風、環境などとその会社が実際には合っていない、いわゆるミスマッチが原因のひとつと思われます。その会社が自分にマッチしているかどうか確かめることができるならどんなにいいでしょうか。

そういう意味で新卒派遣を活用すると良いと思います。一般的に考えられている就職の道とは少し違いますが、契約期間や勤務地、仕事内容を自分で選べる比較的自由な働き方である派遣を利用すれば、ミスマッチなく自分が本当に納得のいく会社や仕事を探しながら働くことができます。
もし自分のやりたい仕事がまだはっきりとわからないのであれば、このように派遣社員として色々な経験を積んでじっくりと考えてみることもひとつの手です。

新卒派遣の注意点(デメリット)

では今度は新卒派遣で注意しなければならない点を見ていきましょう。

1、昇給、賞与、交通費が支給されない

これは新卒に限らないことですが、基本的に派遣社員は昇給や賞与の支給はありません。そのため正社員に比べると給与面で不安定です。 また、交通費の支給がない場合が多いです。実際派遣で働いてみるまでは気付かない点かもしれませんのでしっかり覚えておいてください。

2、派遣→正社員への道は自動的にできるわけではない

紹介予定派遣の場合、正社員や契約社員といった直接雇用への切り替えは、あくまで雇う側と雇われる側の双方の合意で成立します。そのため、自分が正社員を希望していてもなれない場合があります。
新卒で紹介予定派遣で働くことになり、仕事内容にも満足してその会社で正社員になりたい、と考えた場合、正社員として採用されるように自ら努力し、誠意を見せることが必要でしょう。 また逆に、派遣社員はアルバイトに比べたらそこそこの給料をもらえるため、そのままずるずると派遣社員を長く続けてしまう場合も少なくありません。いずれ正社員などの別の道を考えているなら、早めに次のステップを目指して行動していくのがいいかもしれません。

3、すぐに仕事が決まらない場合も

派遣は、自分で仕事を探すのではなく、基本的に派遣会社が仕事を紹介してくれます。だからといってすぐに仕事を開始できるわけではありません。まずはビジネスマナーやOAなどの訓練を受けてから派遣されることがほとんどです。またそれらの研修を受けた後も、自分に合った適当な求人が出てくるタイミングを待たなくてはいけない場合があります。

まとめ

今まで見てきたように、新卒で派遣社員として働くことは可能です。メリットもデメリットもありますので、よく理解して有効に活用していくことが大事だと思います。
正社員になろうとする人も派遣社員になろうとする人も、自分がこれから身を置くお仕事環境をよりよく選び取ろうと努力する姿勢は同じ。就職活動中は悩むこともたくさんあると思いますが、納得のいくお仕事に就くことができるよう、エースコーポレーションは応援しています!